• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 『吾妻探検隊・突撃レポート Vol.20』(2012/3/16)

 吾妻は、温泉や自然、おいしい食べ物や人情の宝庫。

 そんな吾妻のイイとこをもっと皆さんに知ってもらいたくて、吾妻探検隊は、今日も各地を駆けめぐります。

 今回は、長野原町の北軽井沢を探険してきました。「え、冬に北軽井沢!?」なんて思う人がほとんどでしょう。確かに北軽井沢は避暑地として有名なので夏場に多くの人が訪れます。でも冬だって北軽井沢にはイイとこがたくさんあります。

 北軽井沢に向かう途中、長野原町の与喜屋という地区を流れる熊川の氷壁を見てきました。3月中旬になるからもう解けてしまったかなーと心配しましたが大丈夫でした。自然が織りなす風景にはいつも感動させられますね。

<熊川の氷壁>
  

 さて、国道146号を南へ下り、今度は「絹糸の湯」を目指します。道路沿いに大きな看板もありますのでわかりやすいと思います。途中、浅間山が綺麗に見える場所があったので思わず写真を撮りました。  

<冬の浅間山>

  夏の浅間山も綺麗ですが、私は冬の浅間山のほうが好きです。今日もなんて綺麗なんだと惚れ直しました。

 絹糸の湯に到着。な、なんと今日(水曜日)は定休日・・・。とほほ・・・。目的があって出かけるときはちゃんと調べておくことをオススメします(泣)。絹糸の湯はここらへんでも珍しい少し茶色く濁ったお湯。隊員1号はコーヒー牛乳なんて表現(さすがにおおげさ?)していましたが、HPを確認すると確かに濁っていることが伺えます。今度は絶対入るぞ!

 <絹糸の湯>

  続いては浅間牧場です。正式名は「浅間家畜育成牧場」といい、仔牛を育てるための県営牧場です。手前の浅間牧場茶屋が浅間牧場だと思っていた人もいるのではないかと思います。

 「じゃあ本当の浅間牧場には入れないんですか?」

 いやそんなことはありません。伝染病予防のため一部地域を除いて立ち入り禁止となっていますが、遊歩道も整備され、レンゲツツジなどの植物を見ることができ、なにより景色が雄大で日常を忘れさせてくれます。『丘を越えて』のモデルでもあるんです。すごいぞ浅間牧場!

<浅間山が目の前に>
  

<誰も踏み入れていない>
  

 浅間牧場茶屋の裏手に行くとこんな案内看板があります。

<遊歩道案内看板>

 案内看板にもありますが、さらに牧場を奥に進むと「見晴らし台」があり、そこからの風景は本当に絶景でした!これを見ずに北軽井沢は語れませんよーなんて。写真だとうまく伝わらないのでぜひ自分の目で確かめて下さい。※雪深いので長靴等を用意して、滑らないように気をつけて下さい。

<その名の通り「見晴らし台」>

<見晴らし台から1>

<見晴らし台から2>

 スノーシューの後も多く見られました。冬も多くの方が浅間牧場に来てくれてるんですねー。

 皆さん、ぜひお気軽に吾妻へお出かけください。

 (吾妻探検隊 隊員4号)

周辺の観光協会などはこちら(外部リンク)
長野原町
北軽井沢観光協会
北軽井沢じねんびと

吾妻探検隊のバックナンバーはこちらです。
・Vol.1 嬬恋・鹿沢方面
・Vol.2 四万方面
・Vol.3 長野原方面
・Vol.4 六合方面
・Vol.5 万座・草津方面
・Vol.6 浅間山方面
・Vol.7 中之条町方面
・Vol.8 高山村方面
・Vol.9 岩櫃山方面
・Vol.10 王城山方面
・Vol.11 川原湯温泉方面
・Vol.12 暮坂峠・沢渡温泉方面
・Vol.13 バラギ高原方面
・Vol.14 嬬恋方面
・Vol.15 東吾妻町・浅間隠温泉方面
・Vol.16 長野原町・中之条町(六合地区)方面
・Vol.17 草津温泉方面
・Vol.18 東吾妻町東(あづま)地区
・Vol.19 草津パワースポット