• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 【終了】 宇宙のロマン「宇宙・私の夢」児童絵画展 (高山村) (平成24年)(2012/10/12)

 空気の澄んで来る秋、秋の夜長を夜空を眺めて過ごす、そんな風流な一時も素敵ですよね。

 お月見は日本では旧暦の8月15日だけでなく、旧暦の9月13日にも月見をする風習があり、こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれています。十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。

 「十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければいけない」という地域もあり、片方だけの月見を嫌う風習もあったようです。今年の十五夜は9月30日、十三夜は10月27日です。もう一度満月を愛でる機会がありますね。

 お月見だけでなく、有人宇宙ステーションでの日本人宇宙飛行士の活躍で、子供たちの間でも宇宙への関心が高まっているようです。

 県立ぐんま天文台では、県内の小学3年〜6年生が描いた宇宙に関連した絵画の入選作品を展示します。未来の宇宙旅行や宇宙での生活の様子、星々の姿など、伸びやかな感性で描かれた絵画の数々は夢にあふれています。

 【期 間】
 10月6日(土)〜11月25(日)
【場 所】
 県立ぐんま天文台
【予 約】
 不要
【お問い合わせ先】
 県立ぐんま天文台 0279-70-5300

◇吾妻エリアの観光情報
 ・tavi 吾妻エリアルートガイド
 ・吾妻探検隊
 ・吾妻プチtaviだより

⇦吾妻エリアのトピックスへ戻る