• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 【終了】 尻高(しったか)人形定期公演(高山村) 11/23(平成24年)(2012/11/14)

 高山村を代表する文化「尻高(しったか)人形」を御覧になったことはありますか。名前を聞いたことはあっても、高山村外の方で、実際に御覧になった方は少ないのではないでしょうか。

 そんな尻高人形を御覧いただける数少ない機会が、年に1回、毎年11月23日に行われる定期公演です。公演は、錦松会(きんしょうかい・尻高人形の保存会)のメンバーによって行われますが、高山小学校の伝統芸能教室受講生による上演なども披露されます。

 ここからは、人形浄瑠璃「尻高人形」のちょっとした豆知識です。
 明治初期に名古屋で活躍した人形芝居の一派「豊松流」の豊松伝三が村に滞在し、村人に伝授したと伝えられています。人形浄瑠璃の代名詞・文楽は一つの人形を三人で操りますが、尻高人形は一人で操る「一人遣い」で、三人遣いの動きに近づけるために「差し金」という道具を使って工夫をしています。
 昭和30年に県指定重要無形民俗文化財に、昭和53年に国選択無形民俗文化財に指定されました。
 現在は定期公演の他、敬老会のアトラクションや民俗芸能発表会などの公演活動を行っています。

【実施日程】 11月23日(金) 13:30〜15:00

【実施場所】 高山村西地区屋内ゲ−トボ−ル場内(尻高人形上演舞台)

【予 約】 不要

【交通アクセス】 JR上越線渋川駅またはJR上越線沼田駅からタクシ−約40分/関越自動車道渋川伊香保ICから約40分

【お問い合わせ先】 高山村教育委員会(尻高人形事務局) 0279-63-3046

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇吾妻エリアの観光情報
 ・tavi 吾妻エリアルートガイド
 ・吾妻 地産地消お食事ガイド
 ・吾妻探検隊
 ・吾妻プチtaviだより