• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 山中に巨大鯨が出現!(中之条町) (平成24年)(2012/10/19)

「吾妻プチtaviだより VOL.7」

 吾妻の隠れた見どころや気になるお店、ちょっといい話など、読めば吾妻がさらに面白くなるプチ情報をご紹介します。

 第7回は、第5回のハート型土偶第6回の犬塚峠に続き「道端の「これは何!?」シリーズ」第3弾です。

 中之条から県道中之条・草津線を六合方面に向かって進み、若山牧水の詩碑で知られる暮坂峠を越えて、しばらく下っていくと、右手に突然巨大な鯨!?が現れます! 

   

 実はこれ、今年の夏に「花楽の里」に新しくお目見えしたモニュメントです。
 製作は中之条ビエンナーレのメンバーとして活躍している若手アーティストの浦部裕光さん。高さは約5メートルあります。千葉からのお客さんが「海のある千葉でもこんな立派な鯨はいない!」と驚いていらしたそうです。

  

車と比較すると、大きさがわかります。

一見、石像ですが、実は木製です。近くで見ると、木の板を繋ぎ合わせてあるのがわかります。 

 

中は空洞になっています。備え付けたときの様子です。

 

 「どうして山に鯨なの!?」という疑問が(当然?)出てきますが、理由は製作者も明らかにしていないようです。「昔はこのへんも海だったので泳いで里帰りした。」とか「「山の鯨」と呼ばれる猪が化けた。」など、諸説あるようですが、「定説」はありません。管理している花楽の里の淵上支配人は、「周りに青い花を植えて海原を表現するなど、新たなシンボルとして大切にしていきたい」と話しています。「尻尾も作っちゃえ!」という斬新なアイディア(?)もあるとか。きっと、これから訪れる人たちによって、新しいストーリーがどんどん出来ていくことでしょう。 

 

花楽の里の丘の上からの眺めです。中央に見えるのが「鯨」です。 

 

◇プチtaviだよりバックナンバー
 
VOL.1 添うが森 添わずが森(高山村)
 ・VOL.2 嬬恋キャベツ消しゴム(嬬恋村)
 ・VOL.3 川中温泉(東吾妻町)
 ・VOL.4 JR吾妻線・大前駅
 ・VOL.5 ハート型土偶(東吾妻町)
 ・VOL.6 犬塚峠(長野原町)  

◆吾妻エリアの観光情報
 ・tavi 吾妻エリアルートガイド
 ・吾妻探検隊   

⇦吾妻エリアのトピックスへ戻る