• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 県内最大の信号機のある交差点 明保野交差点(渋川・伊香保)(2013/10/8)

伊香保に向かう 明保野交差点の信号機はでかい…! 事実でした!

今回は、渋川地域のちょっと気になる話題をお届けします。

 渋川と伊香保を結ぶ(県道33号渋川・松井田線)と、吾妻地域の通称日陰の道から榛東・吉岡を通って前橋、高崎とを結ぶ(県道164号渋川・吉岡線)の交差点が、明保野交差点です。渋川から伊香保温泉に行かれる方は皆、通ることになります。

 この交差点の信号機が、他と比べて大きい、との噂がありました。

そこで、実地検査するとともに、厚かましくも渋川警察署にお聞きしました。

 結論から言うと、事実でした!

 

警察署に伺う前に、色々なHPなどで予習、自主学習

信号機の光る部分の大きさにはS・M・Lの3種類の灯器(専門的にはそう呼ぶようです)があるそうです。そのうち、明保野の灯器は最大のL型だそうです。

通常使用されているのが、S型直径25㎝、M型30㎝、そして明保野に設置されているのがL型直径45㎝です。

東京都内のほとんどの信号機がS型、東京都を除く殆どの県で一番たくさん設置されているのがM型で、神奈川県ではこのサイズの灯器のみの設置だそうです。

そしてL型、HPなどwebでの学習によると、「このサイズの灯器は、一般道ではめったに見ることがありません。主に、高速道路等のトンネル信号として設置され、一回見ると、びっくりするぐらいの迫力があります」、さらに「主に片側3車線〜4車線の大交差点で、東日本では福島県、関東では埼玉県、西日本では、愛知県・大阪府、岐阜県などに設置されています」とも説明されていました。

しかし皆様もご存じの通り明保野の交差点は片側一車線ですよね。

渋川警察署に問い合わせたところ

1 明保野の信号機の灯器は45㎝径のもの

2 県内では、45㎝の灯器は、他に高崎、藤岡警察署管内各1交差点、前橋警察署管内に
  2交差点に設置され、県内では合計5交差点に設置されている。

とのことでした。 

明保野交差点だけの特徴もあります。

明保野の交差点に設置されている灯器は、4方向とも最大の45㎝ですが、他の交差点では、例えば、1方向の2器とか、方向指示の矢印などが45㎝で、8器とも45㎝を採用しているのは、明保野交差点だけだそうです。

県内最大信号機のある交差点と言えるわけです。

ところで、現在、各地で信号機のLED化が進められているのは、皆様もご存じの通りです。LED化すると視認性がよくなるので、明保野交差点の信号も更新時期が来て、LED化されれば、通常の大きさのものになる可能性が高いそうです。

興味のある方は、LED化前に、明保野交差点の信号をご覧下さい。

その時は、もちろん、キチンと車両を停止するなど、交通安全への配慮もお願いします。

なお、何故、明保野だけが最大の45㎝を採用しているのかですが、

渋川から伊香保へは坂道で、吾妻から高崎方面では吾妻からも高崎方面からも登りになっている(この辺りでは明保野の交差点が小高くなっている)ので、視認性を良くするため、灯器の方向から夕日が当たる時に見にくいなどの様々事情を総合的に考えて採用されたようです。

——————————————————————————————————-

上のイラストをクリックして下さい。甲(よろい)装着古墳人発掘現場バスツアー参加者募集のページへ飛びます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 渋川地域の新しいFacebookページがスタートしました。

 こちらの画像をクリックしてみてください。