• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル展(富岡市立美術博物館 3月19日〜3月22日)(2011/3/2)

 富岡市立美術博物館では、惑星探査機「はやぶさ」のカプセル(実物)などを展示します。
 宇宙から帰ってきた実物の巡回展示は、北関東初です。

はやぶさ画像(提供JAXA)

■「はやぶさ」帰還カプセル展
 ・展示期間 3月19日(土)から3月22日(火)までの4日間
 ・会  場 富岡市立美術博物館 企画展示室
       (群馬県富岡市黒川351−1)
 ・入 場 料 一般200円(=常設展示観覧料。大学生・高校生・中学生以下無料)

 この帰還カプセル展開催を記念し、板橋克己展「恒河沙IN富岡」・IHIエアロスペースロケット模型展が次のとおり開催されます。

 

■「恒河沙IN富岡」板橋克己展・IHIエアロスペースロケット模型展
 ・開催期間 3月11(金)から4月3日(日)まで
      (月曜日は休館、3/21(月・祝)のみ開館。3/23(水)は臨時休館)
 ・会  場 富岡市立美術博物館 市民ギャラリー

 ※板橋克己氏は、「宇宙戦艦ヤマト」・「銀河鉄道999」をはじめとする松本零士作品をはじめ、数多くのメカニックデザインを手がけた日本アニメ界を代表するメカニックデザイナーです。
 ※「はやぶさ」に登載されたカプセル等は、富岡市内の株式会社IHIエアロスペース富岡事業所で開発、製造されたものです。

■詳細はこちら(富岡市ウェブサイト)
 リンク先→ http://www.city.tomioka.lg.jp/unit/001/003/2011/02/post-18.html

 

イベントチラシはこちら(PDFファイル)