• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ

 県内最大級の火祭り「大日向の火とぼし」(8月14日、8月15日)(2011/8/12)

 〜甲斐の武田氏が上州攻めを行った際、圧政に苦しんでいた村の人々は領主の小幡氏に逆らい武田氏の味方についた。
村人たちが松明に火をつけ武田勢を大きく見せ、小幡軍を打ち破るに至った。
その喜びを伝えたのが、この火祭りの始まりといわれる〜

国の選択無形民俗文化財に指定されている。

火とぼし 

幻想的な大きな火の輪が闇夜を照らす様は、一見の価値有りです。

日時/8月14日、8月15日

場所/甘楽郡南牧村大日向(大日向橋)
問い合わせ/南牧村役場振興整備課・0274−87−2011