TOP

お問い合わせ

公益財団法人群馬県観光物産国際協会定款

第1章 総則

(名称)

第1条 この法人は、公益財団法人群馬県観光物産国際協会と称する。

(事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を前橋市に置く。

(目的)

第3条 この法人は、本県の活性化と世界に開かれた群馬の実現、県内における観光物産事業の健全な発展と振 興及び健全な観光旅行の普及発展を図るため、群馬県、市町村、関係団体等と連携し、多文化共生の地域づく りを推進するとともに国際交流に関する幅広い活動を促進し、世界各国との相互理解を深め、あわせて観光振 興及び物産振興並びに観光旅行の普及啓発を行い、もって本県に賑わいを創出し、県民生活、文化及び経済の発展に寄与することを目的とする。

(公益目的事業)

第4条 この法人は、前条の公益目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 国際交流に関する事業
  2. 観光物産振興・推進に関する事業

2 前項の事業については、群馬県内において行う。

(その他事業)

第5条 この法人は、その公益事業の推進に資するため、次の事業を行う。

  1. 旅行業に関する事業
  2. 観光施設の管理及び運営事業
  3. その他、前各号に定める事業に関連する事業

第2章 財産及び会計

(財産の種別)

第6条 この法人の財産は、基本財産及びその他財産の2種類とする。

2 基本財産は、次に掲げるものをもって構成する。

  1. 基本財産とすることを指定して寄附された財産
  2. 理事会及び評議員会において基本財産に繰り入れることを決議した財産

3 その他財産は、基本財産以外の財産とする。

(財産の管理)

第7条 この法人の財産の管理は、理事長が行うものとし、その方法は、理事会の決議を経て、理事長が別に定める。

2 基本財産のうち現金は、確実な金融機関に預け入れ、信託会社へ信託し、又は国債、公社債その他確実な有価証券に替えて保管しなければならない。

(基本財産の維持及び処分)

第8条 基本財産は、適正な維持及び管理に努めるものとする。

2 やむを得ない理由により基本財産の一部を処分又は担保に提供する場合には、評議員会において、議決に加わることのできる評議員の4分の3以上の議決を得なければならない。

(事業計画及び収支予算)

第9条 この法人の事業計画書、収支予算書、資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類については、毎事業年度開始前に、理事長が作成し、理事会の決議を経て、評議員会の承認を得なければならない。
これを変更する場合も、同様とする。

(暫定予算)

第10条 前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、理事会の決議を経て、予算成立の日まで前年度の予算に準じ収入支出することができる。

2 前項の収入支出は、新たに成立した予算の収入支出とみなす。

(事業報告及び決算)

第11条 この法人の事業報告及び決算は、毎事業年度終了後、理事長が事業報告、事業報告の附属明細書、損益計算書(正味財産増減計算書)、貸借対照表、損益計算書(正味財産増減計算書)及び貸借対照表の附属明 細書、財産目録を作成し、監事の監査を受け、理事会の承認を得たうえで、通常評議員会の承認を得るものとする。

2 この法人は、前項の通常評議員会の終結後直ちに法令の定めるところにより貸借対照表を公告するものとする。

(長期借入金)

第13条 予算で定めるものを除き、この法人が新たに義務を負担し、又は権利を放棄しようとするときは、理事会の決議を経て、評議員会の承認を得なければならない。

(事業年度)

第14条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

第3章 評議員

(評議員)

第15条 この法人に、評議員3人以上20人以内を置く。

(評議員)

第15条 この法人に、評議員3人以上20人以内を置く。