花敷温泉

温泉

源頼朝が詠んだとされる「山桜夕日に映える花敷きて谷間に煙る湯にぞ入る山」という和歌が名前の由来とも。山里の川沿いにある静かな温泉地で、旅と酒を愛した歌人、若山牧水も訪れました。

泉質

硫酸塩泉

効能

一般的適応症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化

エリア 吾妻エリア 市町村
連絡先名 ※旅館につながります TEL 0279-95-5307
URL http://www.hanasikinoyu.jp/
アクセス JR長野原草津口駅からバス約35分