TOP

ぐんま歴史発見

お問い合わせ

まだまだぐんま歴史発見
  • ご当地グルメ紹介
  • まだまだぐんまの歴史遺産
  • アクティビティ
  • ぐんまで鉄道の旅
  • 立ち寄り日帰り温泉

ぐんま歴史発見ぐんま歴史発見

上野三碑上野三碑

ユネスコ「世界の記憶」候補

約1300年前の日本と大陸文化の交流を示す国内最古級の石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」は、7〜8世紀の古代の石碑、山上碑(やまのうえひ)・多胡碑(たごひ)・金井沢碑(かないざわひ)の総称で、直径約3㎞以内に三碑が近接しています。
すべて国指定特別史跡。三碑は相互に関連性が深く、朝鮮半島の石碑文化、中国の政治制度や漢字文化、インドの仏教文化などの影響がうかがえ、中央(近畿)から遠く離れた東国の上野国(群馬県)に、当時の先進文化が受容され、守られていたことを示しています。 東アジアの交流を示す歴史的・文化的に貴重な遺産としてユネスコ「世界の記憶」への登録が期待されています。

山上碑(やまのうえひ)(高崎市)

山上碑

681年、亡き母を思う僧が建立。完全な形で残る日本最古の石碑で、日本語順で漢字を並べた最古級の史料です。

問合せ
027-321-1292
(高崎市文化財保護課)
アクセス
上信電鉄山名駅または西山名駅から徒歩約20分
上信越自動車道藤岡ICから約20分

()()()(高崎市)

多胡碑

711年頃建立。「多胡郡」がつくられ、「羊」という人物が長官になったことを示す碑。楷書体の手本とされてきました。

問合せ
027-387-4928
(多胡碑記念館)
アクセス
上信電鉄吉井駅から徒歩約30分またはタクシー約5分、上信越自動車道吉井ICから約7分

(かな)()(ざわ)()(高崎市)

金井沢碑

726年建立。仏教による一族の結集を誓った碑で、仏教の広がりを示します。「群馬」の文字は県内最古の事例です。

問合せ
027-321-1292
(高崎市文化財保護課)
アクセス
上信電鉄根小屋駅から徒歩約10分
上信越自動車道吉井ICから約20分

写真提供:高崎市教育委員会

詳しくはこちら (上野三碑ホームページ)

ぐんま東国文化ぐんま東国文化

古墳〜平安時代に
関東地方で栄えた文化

群馬の遺跡は今から2~3万年前、旧石器時代の「岩宿遺跡」に始まります。
3世紀後半~7世紀にかけて古墳時代には関東は東国と呼ばれ、群馬は大事な拠点でした。
大和政権のある近畿と未開拓の東北を結ぶ陸路の通過点であり、当時貴重な軍事力だった”馬匹(ばひつ)生産”を積極的に行っていたからです。
そのため4~6世紀にかけて豪族らの古墳が群馬に沢山作られました。
特に西部エリアに多いのは、石の生産が盛んだったことが要因。
多くの出土品や埋葬品から当時の「東国文化」を知ることができます。

  • 馬の埴輪(保渡田古墳群)馬の埴輪(保渡田古墳群)
  • 遺跡
詳しくはこちら (ぐんま東国文化ナビホームページ)

日本遺産日本遺産

かかあ天下-ぐんまの絹物語-

古くから絹産業の盛んな上州(群馬県)では、女性が養蚕・製糸・織物で家計を支え、近代になると、製糸工女や織手としてますます活躍しました。
夫(男)たちは、「おれのかかあは天下一」と呼び、これが「かかあ天下」として上州名物になるとともに、現代では内に外に活躍する女性像の代名詞ともなっています。
「かかあ」たちの夢や情熱が詰まった養蚕の家々や織物の工場を訪ねることで、家計を支え日本経済を支えた、まさに天下一の上州の女性たちの姿が見えてくるのです。

  • 養蚕風景
  • 製糸・織物風景
詳しくはこちら (かかあ天下 -ぐんまの絹物語-ホームページ)