TOP

世界遺産を巡る

ようこそ、ぐんまへ。ググっとぐんま公式サイト

お問い合わせ

世界遺産を巡る

シルクの技術と文化を地球的規模で広げる。文化的貢献 シルクの技術と文化を地球的規模で広げる。文化的貢献

日本の近代化と国際化を促す

富岡製糸場は、明治政府という近代国家がつくった大規模な製糸工場で、近代的設備による工業化の先駆けをなし、近代工業国家日本の原点、すなわち日本における産業革命の原点となりました。日本の工業は繊維という軽工業から始まり、やがて鉄鋼などの重工業へと移行するわけですが、その工業国日本の礎を築いたのが富岡製糸場だったのです。明治初期の日本には生糸以上の国際商品材料がなく、原料からすべて国内で生産できる生糸の輸出が外貨獲得の最大の手段でした。細い生糸が日本の近代化を牽引し、日本が国際社会の仲間入りをするために重要な役割を果たしたのです。

器械製糸を国内へ伝播させる

全国から富岡製糸場に集まり、製糸技術を学んだ工女たちは故郷へ帰り、地元の製糸工場に「富岡式」を伝え、富岡製糸場をモデルとする製糸工場も各地につくられました。富岡製糸場を模範とする器械設備は、開業翌年の明治6年(1873)から明治12年(1879)の間に、全国26の製糸工場に導入されたといわれます。なお、田島弥平宅をモデルとする蚕室や田島弥平の清涼育、および高山社での清温育の養蚕教育も全国に普及し、荒船風穴には貯蔵する蚕種が全国各地から寄せられました。

錦絵「工女勉強之図」

相互連携により良質な繭を開発・普及

富岡製糸場は、製糸技術の開発、普及のみならず、原料となる良質な繭を大量に確保するために、繭の改良運動を展開しました。田島家、高山社、荒船風穴は、富岡製糸場の主導のもと、試験飼育や蚕種製造、蚕種貯蔵を行い、優良品種開発と普及に貢献しました。富岡製糸場とこれら3資産の相互連携が、良質で安価な生糸の大量生産につながりました。

富岡製糸場キーストーン

  • 高山社跡外観

  • 昔の荒船風穴

  • 田島弥平旧宅屋根裏(非公開)

絹文化を世界の幅広い階層へ

良質で安価な生糸を世界市場へ供給することにより、絹文化を世界の幅広い階層に普及させる、その一翼を担ったことも富岡製糸場などの大きな功績です。当時の欧米でシルクといえば、ごく一部の限られた人しか着用できない贅沢品でした。それを技術革新などによって打破し、シルクを多くの人に行き渡らせる役割を富岡製糸場などが果たしたのです。明治中期以降、生糸の主要輸出先はヨーロッパからアメリカに移り、絹文化は一層世界へと広がってゆきました。

シルクカントリーの「未来遺産」

富岡製糸場をシンボルとして、世界遺産に登録された絹産業遺産群のほか、群馬県内には、養蚕・製糸・織物などに関する近代産業遺産が数多く現存しています。また、群馬県は、厳しい状況にある国内の絹産業のなかで健闘する、日本一の繭と生糸の産地です。「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録を機に、さらに絹産業を守り、世界への展開も視野に、技術開発やブランド化などによって次代へつなげる努力を続けています。県内各地に残る絹遺産は、シルクカントリー群馬の「未来遺産」なのです。

  • 形態的価値
  • 文化的貢献