赤城山の神が変化した大蛇と日光二荒山の神が変化した大百足の戦いによる開湯伝説が伝わる老神温泉。

「老神温泉大蛇まつり」は、伝説の地「老神温泉」で開催される祭りです。見所は、赤城山の神の姿を模した「大蛇みこし」の渡御で、赤城神社境内で厳粛な儀式が終わると、威勢の良い村の若衆に担がれた大蛇みこしが、老神温泉の温泉街を練り歩きます。また、大蛇みこし渡御体験もできます。なお、令和2年は、群馬DC特別渡御(5/8のみ)として、十二年に一度干支の巳年のみ渡御する「108.22mの大蛇みこし」が老神温泉の温泉街を練り歩きます。