世界にここだけの花「絶滅危惧種 カッコソウ」

カッコソウは、足尾山地南西部の山地周辺にのみ自生しているサクラソウの仲間の植物です。
絶滅の危険性が最も高い種として、2012年「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(通称:種の保存法)」により国内希少野生動植物種に指定されています。

カッコソウへの理解と保全を目的として、カッコソウの開花時期に合わせて、カッコソウ管理地(岩穴管理地)を日時限定で公開いたします。

主 催:みどり市大間々町第15区及び小平サクラソウの会
協 力:小平の里、みどり市観光ガイドの会
期 日:2022年4月23日(土)~5月5日(木)の13日間
公開時間:10:00~12:00及び13:00~15:00
公開場所:岩穴管理地 小平の里狸穴亭から 約4km(途中案内板あり)
足場が悪いので、履き物に留意してください。
駐 車 場:管理地手前約50mに普通車15台駐車可。
※大型バスは、「大杉」に路上駐車となります。
料 金:無料(任意で環境保全協力金をお願いしています)