ここでしか味わえない!土合駅の地下ホームで熟成するクラフトビール「モグラ熟成ビール」の解禁

みなかみ町の上越線土合駅にある「DOAI VILLAGE」において、地下ホームで熟成させたクラフトビールを楽しめるイベント『もぐらビアキャンプ』が開催されます。

 

■開催場所

JR土合駅 & DOAI VILLAGE

(群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽218-2)

■開催日時

2022年5月21日(土) 9:00~21:00 ※商品が終わり次第終了

(直近の情勢を踏まえ開催日時延期の可能性があります。)

■参加方法

イベント参加は無料です。当日会場にて受付の上ご参加ください。

 

主催:VILLAGE INC.、Brewing for Nature
協力:JR東日本高崎支社、JR東日本スタートアップ
後援:みなかみ町、一般社団法人みなかみ町観光協会
目的:地域の飲食等を通じたみなかみの魅力の発信及びイベント収益の一部を森林保全活動に寄付するなど、地域活性化や自然環境の保護への取り組みを推進していきます。

 

【モグラ熟成ビールについて】
土合駅の下りホームは上越線のトンネル内にあり、駅舎から標高差が70mあり、486段もの階段を下るため「日本一のモグラ駅」と呼ばれています。そんな地下ホームの小屋を活用して、一昨年から、地元みなかみ町のオクトワンブルーイングを始め、様々なブルワリーが参画し、クラフトビールを貯蔵してきました。「モグラ熟成ビール」は土合駅の地下ホームで熟成させたビールの総称であり、既に250リットルを超えるクラフトビールが貯蔵されています。発酵の終了したビールを地下ホームの低温の環境のもと、穏やかに熟成させることで、味や香りを調和させることができ、よりおいしいクラフトビールとなります。今回のイベントではこの「モグラ熟成ビール」を解禁し、お客さまに提供いたします。

 

※詳細は公式サイトをご覧ください。