「歩いて行ける三県境」 〜群馬県の東の玄関口いたくら〜

観光施設

  • 「歩いて行ける三県境」 〜群馬県の東の玄関口いたくら〜
  • 「歩いて行ける三県境」 〜群馬県の東の玄関口いたくら〜

「三県境」とは、3つの県で構成される1か所の県境のことを言います。

三県境は全国で40か所以上ありますが、そのほとんどが山の山頂、尾根であったり、河川上であったりと、歩いて行けるところにありません。

しかし、群馬県板倉町、栃木県栃木市(旧 藤岡町)、埼玉県加須市(旧北川辺町)の三県境は、全国で唯一といえる歩いて行ける平地に存在しています。

 

そんな全国的に珍しい三県境へ、ぜひ一度足を運んでみませんか?

エリア 東部エリア ジャンル その他
所在地 板倉町
所在地 群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬字間田地内
連絡先名 板倉町産業振興課 TEL 0276-82-1111
URL https://www.town.itakura.gunma.jp/cont/s021000/d021010/20160609113735.html
アクセス 道の駅北川辺から徒歩約10分、埼玉県加須市柳生駅から徒歩約10分