購買可能グリーンツーリズムデートにおすすめドライブパワースポットひとり旅フォトジェニックレトロな街並みロケ地初めてのぐんま女子旅子ども向け工場見学御朱印巡り散歩におすすめ春の花立ち寄りスポット絶景聖地巡礼自然アクティビティ街歩きダム上毛かるたゆかりの地世界遺産体験施設見学施設古墳巡り宿泊施設寺社仏閣歴史巡りご当地グルメ直売所粉食文化1日楽しむ半日楽しむスリル満点ディープロマンあふれる一生に一度は見たい幻想的癒やし迫力満点アクセス良好特典あり群馬DC特別雨の日OK駅近利根沼田エリア吾妻エリア東部・県央エリア西部エリアお花見ホタル観賞お祭り花火星空紅葉イルミネーション初日の出いちごさくらんぼブルーべリーぶどうりんごその他果物その他味覚狩り(野菜・きのこ等)冬桜・桜福寿草・ザゼンソウロウバイ・梅水芭蕉カタクリ芝桜・桜草つつじ・シャクナゲ牡丹・シャクヤクふじバラ(春)ジャーマンアイリス・花しょうぶあじさいゆり・ヘメロカリス・ユウスゲニッコウキスゲラベンダーひまわりコスモスバラ(秋)その他すき焼きおっきりこみ焼きまんじゅうかつ丼麺料理その他自然体験施設道の駅遊園地・動物園公園美術・博物館・資料館神社仏閣文化財産業観光その他山・高原で遊ぶ川・湖で遊ぶその他利根・沼田エリア吾妻エリア県央エリア東部エリア西部エリア

attractiveness

ぐんまの魅力

ぐんまの魅力

群馬県はこんなところ

群馬県には上毛三山などの山々や、尾瀬、利根川などの清流といった豊かな自然、草津や伊香保、水上、四万をはじめ、たくさんの温泉があります。
また、上州和牛や下仁田ネギ、しいたけなどの豊富な農畜産物や、おっきりこみに代表される粉食文化を誇り、自動車産業や伝統工芸品など、様々な産業も発達しています。
さらに、東国文化の中心地として栄えた証として、古墳や遺跡などもたくさんあり、古くから受け継がれてきた文化が根付いています。

吾妻エリア

温泉大国ぐんまの中でも特色豊かな温泉地が集まるエリア。
渓谷や高原、湿地など美しく、雄大な自然を心ゆくまでお楽しみいただけます。

おすすめ旅スポットはこちら

利根沼田エリア

谷川連峰や尾瀬、吹き割の滝など希少な自然に恵まれたエリア。
多くの温泉地をはじめ、リバースポーツやスノースポーツなど、季節によって様々な自然と一体化した体験ができます。

おすすめ旅スポットはこちら

西部エリア

貴重な文化遺産が数多く残るエリア。
2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場をはじめ、上野三碑や古墳、鉄道遺産など、貴重な歴史遺産が存在します。

おすすめ旅スポットはこちら

県央エリア

上毛三山のうち、赤城山・榛名山の2つがランドマークのエリア。
気候も穏やかで四季を通じて花や果物など自然の恵みが楽しめます。

おすすめ旅スポットはこちら

東部エリア

東京とのアクセスが良く、多くの工場が集結し、産業が盛んなエリア。
一方で、古都の風情を残す街並みや遺跡などの歴史、渡良瀬川沿いの自然など、様々な魅力にあふれています。

おすすめ旅スポットはこちら
ぐんまの温泉の魅力

魅力的な温泉!宿泊施設がたくさん!

日本有数の温泉王国である群馬には、草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉の四大温泉をはじめ、たくさんの温泉地があります。温泉王国で、極上の温泉体験。首都圏からのアクセスも至便です。

ぐんまの歴史の魅力

「富岡製糸場と絹産業遺産群」

2014年6月に世界文化遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」。明治以降の近代化遺産として、また「シルク」をテーマとする産業遺産として日本初。群馬は歴史的建造物・文化施設の宝庫でもあります。

ぐんまの食の魅力

大自然が産んだ数々のおもてなし料理!

群馬の気候風土が育んだ地元食材の郷土食。高品質な「上州和牛」をはじめ、大自然で育った新鮮な野菜や果物。群馬ならではの食文化「粉もん」代表「おっきりこみ」や「焼きまんじゅう」など、皆さまを心からおもてなしします。

ぐんまの自然の魅力

癒しからアクティビティまで楽しめる!

群馬は全国屈指の山岳・森林県。関東平野が大きく開けており、市街地からでも榛名山、赤城山、妙義山の雄大な山並みを見渡せます。高原・渓谷・湖など、遊びやスポーツのフィールドがいたるところにあります。

ぐんまで鉄道の旅

群馬を列車でめぐる

群馬には観光にピッタリな鉄道がたくさんあります。その代表格がSL。平成23年の群馬DCで大人気だった「D51498」、「C6120」が今年も群馬の自然の中を駆け抜けています。JR高崎駅から上越線水上駅または信越本線横川駅へ向かうルートがあり、今年も多くの鉄道ファンの心を酔わせることでしょう。列車の旅は渋滞知らず、家族やグループみんなで和気あいあい楽しめるのが魅力。駅弁をお供に、ゆっくりのんびり群馬の旅をお楽しみください。